ホーム > アイリス広場 > ねずみによる物理的被害について

ねずみによる物理的被害について

こんにちは、東京・板橋の害虫駆除業者アイリスです。

害虫にお悩みの皆様に役立つよう、ここ「アイリス広場」から情報をお届けいたします。

ホームセンターなどに売っている駆除剤を使っても何度もやってくるねずみに困っている人も多いと思います。

「我が家は大丈夫」と思っていても、この先被害にあう可能性は十分にあります。

東京都だけでも毎年1万件以上のねずみ被害の相談が寄せられており、ねずみに頭を悩ませている人は意外と多いのです。

油断しているとねずみが侵入してきてしまう事も考えられますし、もしかしたら知らないだけで既に家の中に隠れている場合があるわけです。

もし、ねずみが家に侵入してきた場合、物理的にどんな被害があるのでしょうか?

まず、ねずみは生きている間ずっと歯が伸び続ける生き物です。

なので、邪魔にならないように固い物を噛んで歯を削るという特性を持っています。

そのため、電話配線やパソコンの線などがかじられる被害は非常に多いのです。

機器が使えなくなってしまう事も問題ですが、電気配線がショートしてしまいそこから火災など重大な事故につながってしまうケースもあります。

実際に毎年ねずみが原因で起きる火災が全国で何件も発生していて、被害に遭われた方はたくさんいらっしゃるのです。

その他にも建物自体がかじられてしまう危険もあります。

ねずみは屋根裏や床下といった暗いところを中心に暮らしていて、巣を作るために穴を開ける事もります。

また、雑食であるが故に食品被害が1番多いです。

歯が固くて強いので、何でもかじって開けてしまいダンボールに保管しておいた食品でさえも穴を開けて食べてしまうことがあります。

少しだけかじられてしまっている場合でも、衛生的に良くないので廃棄しなければいけません。

また、かじられるだけでなく糞や尿で汚されてしまう可能性があります。

タンスに入れておいても穴を開けて侵入し、服を汚してしまい使えなくなる事例がたくさんあり、細かくした布を巣で使う事もあるようです。

これではねずみの数が増えていく一方です。

このような被害にあわない為にも、予防や駆除はとても大切になってきます。

ねずみにとって住みやすい環境を作らない為にも、食べ物をそのまま放置しない事や食品は缶などに保管したり、服などもプラスチックケースに収納したりするなど予防策を行うようにしましょう。

東京・板橋の害虫駆除業者アイリスではねずみだけでなく、ゴキブリ、シロアリ、ダニ、蚊などの害獣・害虫駆除を行っております。

調査・見積りは無料にて承ります。害虫のことでお悩みならご相談くださいね。

カテゴリー:ねずみ駆除
  • このエントリーをはてなブックマークに追加